洗車 査定

洗車してから査定を受けましょう

自動車を売却する場合、洗車やワックスなどで自動車をキレイにしておくことは大切です。査定士の立場から見れば、査定のときに自動車がキレイな状態であれば、普段から大事に扱っているのだろうと好印象に繋がります。逆に汚れた状態で自動車を査定に出せば、普段から雑に扱われている自動車なのかと査定士は考えますので、細かい部分まで厳しくチェックしていきます。

 

そのため、査定前には自動車をできる限りキレイにしておいた方がよいですが、ボディだけでなく車内もなるべく掃除しましょう。車内や荷台に置いてある荷物はできるだけ片し、ニオイなども消臭して、なるべく購入したときと同じ状態に戻しましょう。特に煙草やペットのニオイなどが残っていると、査定額が大幅に減額する可能性があります。

 

オプションなどはそのままでよいですが、取扱い説明書などがあれば、自動車に戻しておいた方がよいでしょう。しかし、いくらもとの状態がよいからといって、ボディの傷や凹みを修理に出してまで直す必要はありません。洗車のあとにワックスをかけてツヤを出すだけでも、第一印象は随分良くなります。買取を少しでも有利に進めるために、自分でできる範囲のことはしておいた方がよいでしょう。

 

BMW 故障