純正パーツ 高値

純正パーツがあると高値が付く?

オンラインの一括査定などで中古車情報を記入する際、自動車のオプションパーツが純正パーツかどうかまでを聞かれることは少ないですが、査定相場は、純正パーツがすべてそろった状態の中古車であることを基準の一つにしています。

 

そのため、実車査定で査定額が下がったという場合、純正パーツではなく社外品を使用していることが、減額の一つの理由として挙げられる場合も多いです。といっても、車検を通らないようオプションパーツであければ、社外品を使用しても査定額がさほど引かれることはありません。

 

しかし、純正パーツが社外品よりも価値があることは確かですので、社外品と交換するときも純正パーツを処分せず、大事に保管しておけば、査定額アップが見込めるでしょう。しかし、純正パーツをつけたまま査定に出すと、査定士によってはプラス査定せず、そのままの査定額で買い取ってしまう可能性もあります。

 

そのため、社外パーツをつけている場合はそのまま査定してもらい、純正パーツがあれば査定額がアップするかどうかを確認してから、純正パーツを出した方がよいでしょう。純正パーツはネットオークションなどでも売却することができるので、大事に保管しておきましょう。

 

車買取評判